リスザル放し飼い再開 12匹行方不明で防犯強化 伊豆シャボテン動物公園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
園内で放し飼いされ、自由に橋の欄干を走っていくリスザル=静岡県伊東市富戸で2020年8月13日午後1時40分、梁川淑広撮影
園内で放し飼いされ、自由に橋の欄干を走っていくリスザル=静岡県伊東市富戸で2020年8月13日午後1時40分、梁川淑広撮影

 静岡県伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園が休止中だったリスザルの放し飼い展示を約半年ぶりに再開した。1月に12匹が相次いで行方不明になり、盗まれたとみて残りのリスザルを安全な場所に隔離していたが、監視カメラを増設するなどして防犯対策を強化した。

 小型で人によく慣れるリスザルは1964年から園内で放…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

あわせて読みたい

ニュース特集