メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「もったいないキッチン」監督が心引かれた食品ロス解決のキーワード

日本フードエコロジーセンターを訪れた(左から)塚本ニキさん、ダービド・グロス監督、井出留美さん。高橋巧一社長(右端)が仕組みを説明した©UNITED PEOPLE

 「食品ロス」の改善策を見いだそうと日本各地を巡ったドキュメンタリー映画「もったいないキッチン」が今月公開された。「もったいない」という日本語に心を動かされたオーストリア人のダービド・グロス監督(42)が、撮影を通じて発見した解決のヒントとは――。【明珍美紀】

飼料化で食の循環

 映画でグロス監督は、廃材利用のキッチンカーを走らせ、生産者、料理人ら「もったいない」の実践者を訪ねた。

 最初の現場は、相模原市の食品リサイクル会社「日本フードエコロジーセンター」だ。次々に運び込まれる野菜やパン、おにぎりなどを作業員が仕分けし、つまようじなどの異物をベルトコンベヤーの上で取り除いている。

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです