メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育士の9割「3密避けられず」でストレス 全国保育協議会調査

 保育所で働く保育士らに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うストレス要因を尋ねたところ「3密が避けられず、子どもや保育者に感染リスクがあること」が90%に上ることが、全国保育協議会(東京)などの調査で分かった。

 同協議会は「抱っこやおむつ交換など、乳幼児の保育で密を避けるのは難しい。感染予防で業務量も増えており、保育士のストレスは増加している」と指摘した。

 同協議会と全国保育士会が、8都道府県で緊急事態宣言が継続していた5月18~26日にインターネット上で調査。保育施設の園長や保育士らを対象とし、宮城、新潟両県を除く45都道府県の221人が回答した。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです