セブン側争う構え示す 東大阪元店主の契約解除無効訴訟 大阪地裁で初弁論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 コンビニ大手の「セブン―イレブン・ジャパン」が加盟店契約を解除したのは不当だとして、時短営業を続けていたセブン―イレブン東大阪南上小阪店(東大阪市)の元オーナー、松本実敏さん(58)が契約解除の無効などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、大阪地裁(金地香枝裁判長)であり、セブン側は争う姿勢を示した。

 松本さんは意見陳述で「契約解除は時短営業を始めたことへの見せしめだ」と主張した。セブン側の代理人は、松本さんが客への暴行や暴言を繰り返し、改善の求めに応じなかったことなどが解除理由だと説明し、「時短営業とは次元が異なる問題だ」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集