メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

渡哲也さん=2005年12月、松田嘉徳撮影

 映画「無頼」シリーズやテレビドラマ「西部警察」などで人気の俳優で、石原プロモーション前社長の渡哲也(わたり・てつや、本名・渡瀬道彦=わたせ・みちひこ)さんが10日、肺炎のため死去した。78歳。葬儀は家族で営んだ。故人の遺志でお別れの会などは開かない。

 兵庫県出身。青山学院大在学中の1964年、所属していた空手部員が勝手に応募したオーディションのため撮影所に行き、食堂でスカウトされて日活入り。65年に「あばれ騎士道」(小杉勇監督)で宍戸錠さん演じる主役の弟役でデビューした。同年の「青春の裁き」(同)に主演、日本映画製作者協会(当時)新人賞に輝き、以後、「東京流れ者」(鈴木清順監督)や「愛と死の記録」(蔵原惟繕監督)などに立て続けに出演し、日活のニューアクションスターの一人となった。舛田利雄監督の「『無頼』より 大幹部」では一匹オオカミの若いやくざを鮮烈に演じ、シリーズ化された。

 71年に日活を離れ、石原裕次郎さん率いる石原プロモーションに移籍した。74年にはNHK大河ドラマ「勝海舟」の主演を射止めるも、胸部疾患で途中降板、松方弘樹さんが代役となった。しかし、75年の「仁義の墓場」(深作欣二監督)に主演し華々しく復帰。翌年の「やくざの墓場 くちなしの花」(同)では毎日映画コンクール男優演技賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです