メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦前日「京橋大空襲」生き延びた96歳 孫、ひ孫に「語り続ける」

空襲被災者慰霊祭で手を合わせる人たち=JR京橋駅南口で2020年8月14日午前11時23分、菱田諭士撮影

 75年前の終戦前日、大阪市で500人以上が命を奪われたとみられる「京橋大空襲」。21歳の時に空襲に遭い生き延びた大阪府四條畷市の山本マスヱさん(96)は14日、JR京橋駅(城東区)で開かれた慰霊祭に孫や2人のひ孫と参列した。もし1日でも早く戦争が終わっていたら……。「戦争で亡くなった人のことを思うと、生き残ったのはつらい。だからこそ語り続けなければ」。慰霊碑の前で誓った。

 僧侶の読経が続く中、山本さんは孫の坂本久美子さん(44)とともに焼香し、手を合わせた。久美子さんにだっこされたひ孫の空海(そらみ)ちゃん(5カ月)、ベビーカーに乗った隆文ちゃん(3)も一緒だ。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. コロナ感染、労災「全て認定」 異例の対応の背景とは

  3. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. スタバ、冷たい飲料の一部容器を紙製に プラごみ削減で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです