特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を目指すサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

元世界一の守護神が佐賀の人口2万5000人の町へ 33歳が見据える未来

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4月に誕生したみやきなでしこクラブの選手たち=佐賀県みやき町で2020年5月21日午後6時35分、丹下友紀子撮影
4月に誕生したみやきなでしこクラブの選手たち=佐賀県みやき町で2020年5月21日午後6時35分、丹下友紀子撮影

 人口減少や高齢化が進む人口約2万5000人の自治体が、独自の町おこしを図っている。その目玉は、不況になれば企業の「お荷物」として切り捨てられるなどクラブ運営の難しさが指摘される、あるスポーツだ。全国的に見ても、その競技が根付いているとは言えない地域での難しい挑戦に、かつて世界一になった守護神が指導者ではない立場で関わり奔走している。【丹下友紀子】

「女子サッカーのまち」宣言

 佐賀県みやき町は今年1月、「女子サッカーのまち」を宣言した。スポーツ政策の企画・立案会社「リタジャパン」(東京都港区)と連携協定を結び、官民共同で15歳以下の女子サッカークラブを作るものだ。選手寮やグラウンド整備に加え、町内外から集まる選手が将来、サッカーにとどまらず社会で活躍できる環境作りも支援する。町の課題の定住促進をも視野に入れた取り組みだ。その発表の場にスーツ姿で臨んでいた人物がいた。…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2244文字)

あわせて読みたい

注目の特集