メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東鉄道竜ケ崎線、開業120周年 「地域の足」新たな門出 記念ヘッドマーク付け出発 /茨城

 関東鉄道竜ケ崎線が14日、開業120周年を迎え、竜ケ崎駅で記念セレモニーが開かれた。記念ヘッドマークを付けた列車の出発式やトイレリニューアルオープン記念式典が行われ、新設の駅展示スペースでの企画展も始まった。【庭木茂視】

 同社などによると、竜ケ崎線は1900(明治33)年8月14日に前身の竜崎鉄道が竜ケ崎―佐貫間4・5キロを開業した県内最古の私鉄。現在は竜ケ崎、入地、佐貫の3駅だが、一時は5駅あった。

 関東鉄道の愛好者団体「関鉄レールファンCLUB」(十文字義之会長)はこの日、龍や筑波山、牛久沼などが描かれた大漁旗(縦90センチ、横150センチ)を同社に贈った。記念入場券を購入した先着100人には、中刷りポスターや大判ポスターなどを配布した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです