メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東鉄道竜ケ崎線、開業120周年 「地域の足」新たな門出 記念ヘッドマーク付け出発 /茨城

 関東鉄道竜ケ崎線が14日、開業120周年を迎え、竜ケ崎駅で記念セレモニーが開かれた。記念ヘッドマークを付けた列車の出発式やトイレリニューアルオープン記念式典が行われ、新設の駅展示スペースでの企画展も始まった。【庭木茂視】

 同社などによると、竜ケ崎線は1900(明治33)年8月14日に前身の竜崎鉄道が竜ケ崎―佐貫間4・5キロを開業した県内最古の私鉄。現在は竜ケ崎、入地、佐貫の3駅だが、一時は5駅あった。

 関東鉄道の愛好者団体「関鉄レールファンCLUB」(十文字義之会長)はこの日、龍や筑波山、牛久沼などが描かれた大漁旗(縦90センチ、横150センチ)を同社に贈った。記念入場券を購入した先着100人には、中刷りポスターや大判ポスターなどを配布した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです