メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相 短い「夏休み」入りか 18日ごろまで私邸に 山梨の別荘は見送り

千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花する安倍晋三首相=東京都千代田区で2020年8月15日午前11時8分、幾島健太郎撮影

 安倍晋三首相は15日、全国戦没者追悼式に出席後、東京都渋谷区の私邸に帰宅した。夏休みに入ったとみられる。首相は例年、7~8月に計10日間程度の夏休みを取り、うち数日は山梨県鳴沢村の別荘で静養してきたが、今年は見送る。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、東京都の小池百合子知事が都外への旅行や帰省の自粛を求めていることにも配慮したとみられる。18日ごろまで自宅で休んだ後、公務に復帰する見通しだ。

 首相は15日午前、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花した後、日本武道館での戦没者追悼式に参列。終了後は私邸に直帰した。首相周辺には「小池氏の自粛要請に左右される必要はない」として、別荘で静養すべきだとの声もあったが、「行けば、また批判される」と慎重な意見も根強く断念した。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです