メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マングローブ林にも油 モーリシャス緊急援助隊が会見

 西インド洋の島国モーリシャス沖で大型貨物船「わかしお」が座礁して約1000トンの重油が流出した事故で、現地で活動している日本の国際緊急援助隊(胡摩窪(ごまくぼ)淳志団長)が14日、報道各社の取材にテレビ電話で応じた。船内の油の抜き取りが進む一方、流出した油が沿岸のマングローブ林まで入り込んで回収が困難になっており、事態は長期化するとの見通しを示した。

 緊急援助隊は外務省や海上保安庁の専門家ら計6人で構成。被害状況の確認や助言を行うために10日に日本を出発し、13日から地元の沿岸警備隊の船で現場などを調査している。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです