メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

研究結果を報告する岐阜薬科大の原英彰教授(右)と中村信介博士=岐阜市役所で

 岐阜薬科大(岐阜市)の原英彰教授と、中村信介博士(いずれも薬効解析学)らの研究グループは、長良川に生息する天然アユに、人間の目の衰えや病気を予防する効果があるゼアキサンチンと呼ばれる色素が豊富に含まれていることが分かったと発表した。

 ゼアキサンチンは黄色の色素で、これまでにも、アユの体表やヒレに多いことは報告されていた。新たにアユの目に豊富なことを確認した。

 今回の研究では、郡上市の長良川に生息するアユなどの目を調べ、カロテノイドと呼ばれる天然色素が約552マイクログラム含まれ、そのうち78・3%がゼアキサンチンだったという。対照として調べたマアジに比べ、カロテノイド含有量は180倍以上、含有率は4倍近くに上った。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです