メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

闘病支えた二つの夢 ALS患者・山形総さん 「甲子園に行く」「本を出版」 札幌 /北海道

山形総さんの著書をPRする(左から)姉の西田圭子さん、父・博さん、母・恭子さん、石川徹二さん=札幌市南区で2020年7月28日午後8時47分、源馬のぞみ撮影

 全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患い、約7年間の闘病生活を送った山形総(さとし)さん=札幌市南区=が、「甲子園に行く」「本を出版する」という二つの夢をかなえ、5月に50歳の若さで息を引き取った。7月に医師2人が逮捕された京都府の嘱託殺人事件では、ALS患者の「死に方」の選択が取り上げられたが、家族は総さんの選んだ「チャレンジし続けたかっこいい生き様」こそ知ってほしいと願っている。【源馬のぞみ】

 総さんは江差町生まれ。札幌市南区で姉の西田圭子さん(53)、弟の卓さん(48)の3人きょうだいで育った。社交的でスポーツも万能。野球では強豪・東海大四高(現東海大札幌高)から誘われたほど。会社員時代は同僚に慕われ、登山や野鳥の撮影などを通して友人も多かった。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです