メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

終戦の日 追悼式や集会、コロナ追い打ち 先細る戦争体験継承 「新たな方法考える時期」 /山梨

山梨県国際交流センターで開かれた「8・15を考える県民のつどい」=甲府市で

 75回目の「終戦の日」を迎えた15日、県内では戦没者の追悼式や平和を願う集いが開かれた。戦争体験を語り継ぐ大切さが改めて強調されたが、体験者の高齢化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で集会や参加者が制限され、体験を継承する機会が減ることを懸念する声も聞かれた。【山本悟】

 甲府市の県護国神社では「県下戦没者追悼式」(同神社など主催)が開かれた。感染防止のため、参列者の席数を例年の半数に減らした。最終的に参列者は約50人と例年の3分の1にとどまった。

 長崎幸太郎知事はあいさつで「戦後75年で戦争体験を持たない世代が多数を占める中、戦争の惨禍を次の世代に語り継ぐことは我々の責務だ」と述べた。この後、参列者は正午の時報を合図に1分間の黙とうをし、戦没者を追悼した。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです