メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKIO城島・出会いに感謝

第2幕「株式会社TOKIO」

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 来年4月1日に株式会社TOKIOがスタートします。メンバーの長瀬智也が新たなチャレンジをするためにジャニーズ事務所を3月末に退所するのに合わせ、私、国分太一、松岡昌宏の3人は事務所の関連会社を設立したのです。

 長瀬がTOKIOを抜けた後、どうするのか――。3人で春先から話し合ってきました。選択肢はグループ解散か、活動継続かという二つに一つ。この問いを前にした3人の共通認識は口には出しませんでしたが「屋号を守っていこう」ということ。グループ名は1990年、前社長のジャニー喜多川さん(故人)からいただきました。「世界に羽ばたいた時、どこの国のバンドだと分かるように」との願いが込められていました。だからこそ、グループへの愛着、名を残す使命感、事務所への感謝の気持ちはとてつもなく大きなものでした。

 ただ、ボーカルの長瀬がいないとバンド活動はできません。ならば新しいことにチャレンジしようと3人で話し合いを続けました。「ザ!鉄腕!DASH‼」(日本テレビ系)でTOKIOのメンバーは村を開墾し、米を作り、そして無人島を開拓してきた……。これまでの活動を振り返りながらアイデアを練っている段階で太一が言ったのです。「僕たち、会社を作ったことはないよネ」と。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです