メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
南光の「偏愛」コレクション

平安以来の伝統 京繡の名工・長艸敏明さんの巻

刺繍作家の長艸敏明さん、純恵さん夫妻と桂南光さん=京都市北区で2020年5月26日、川平愛撮影

 平安の昔から京都の町で継承され、発展してきた伝統工芸「京繡(きょうぬい)」。刺繡(ししゅう)作家の長艸(ながくさ)敏明さんは、その伝統を継ぐ職人としてだけでなく、大胆な構成力や配色の妙で京繡の世界を広げてきた芸術家としても、国内外で高い評価を受ける存在です。幽玄の美から遊び心あふれる創作まで。古希を迎え、なお一層自由に表現を続ける名工の魅力に迫るべく、桂南光さんが、京都・西陣にある長艸さんの工房「貴了庵(きりょうあん)」を訪ねました。【山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. 米次期広報幹部、全て女性に 大統領報道官にサキ氏 政権移行チーム

  4. ヤマハvsNTT東日本 第9日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  5. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです