特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

中国・武漢の日本人退避 いま振り返る前例なきミッション 植野篤志前中国公使に聞く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北京から陸路で移動後に武漢市で打ち合わせをする日本政府のメンバー。植野氏は左から5人目=植野氏提供
北京から陸路で移動後に武漢市で打ち合わせをする日本政府のメンバー。植野氏は左から5人目=植野氏提供

 今年1月23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国湖北省武漢市で飛行機や鉄道を止める「都市封鎖」が突然始まった。日本政府は1月28日~2月17日に5回にわたりチャーター機を派遣し、同省内の日本人や中国人家族ら828人を出国させた。当時北京の在中国大使館ナンバー2の特命全権公使で、第4便まで武漢市で邦人退避を指揮した植野篤志・外務省国際協力局長に話を聞いた。

1200キロの陸路移動

 ――チャーター機派遣を決めた経緯は。

 ◆それまで中国語の「封城」(ロックダウン)という単語すら聞いたこともなく、最初は人口1000万人都市の人の出入りを止めるなんてできるのかと思った。

 都市封鎖が始まった1月23日に北京のインド大使館主催のレセプションがあり、米国がチャーター機派遣などの対策を検討し始めたと知った。翌24日には、武漢の邦人から「出られなくなったのでなんとかしてほしい」という声が届いた。

 中国政府や湖北省・武漢市当局は「武漢在住外国人の脱出は認めるが、北京や上海に移動したのでは封鎖の意味がなくなるので、飛行機で国外に出してほしい」との意向だった。茂木敏充外相から対策を講じるよう指示があり、飛行機による邦人救出の方針が決まった。

 ――準備をどう進めたのですか。

 ◆感染症に伴う邦人退避のチャーター機派遣は初めてで手探りだった。最初から関わっていた私を含め北京の在中国大使館の8人ですぐにチームができた。

 最初は…

この記事は有料記事です。

残り2234文字(全文2844文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集