メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る将棋

名人就位の最速は? 渡辺明新名人は15人中12番目 加藤一二三九段は?

歴代名人の初獲得時の年齢

 第78期名人戦七番勝負第6局を制した渡辺明王将(36)が歴代15人目の実力制名人の座に就いた。加藤一二三九段(80)、谷川浩司九段(58)、羽生善治九段(49)に次ぐ4人目の中学生棋士で将来の名人として注目されたが、初の名人を手にした年齢もプロ入りからかかった年月も15人の歴代名人で4番目に遅かった。

 最も若く名人になったのは、谷川で21歳2カ月。プロデビューから6年5カ月での記録で、順位戦C級2組で1年足踏みした以外は毎年順調に昇級を果たすと、A級1期目で名人挑戦権をもぎ取った。そして加藤一…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文702文字)

丸山進

これまで東京学芸部や東京経済部などで取材。現在は学芸部で囲碁、将棋を担当する。以前は放送分野を取材したことも。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです