法大が史上最多46回目の優勝 慶大降す 真夏の東京六大学野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【法大-慶大】試合に勝利し喜ぶ法大の選手たち=神宮球場で2020年8月16日、西夏生撮影
【法大-慶大】試合に勝利し喜ぶ法大の選手たち=神宮球場で2020年8月16日、西夏生撮影

 東京六大学野球春季リーグ戦は第7日の16日、法大の3季ぶり46回目の優勝が決まった。優勝回数は早大を抜き、単独最多となった。

 法大は16日の第1試合で慶大に7―4で勝ち、4戦全勝。第2試合で立大が早大に敗れ、法大と4勝で並ぶのは4勝1敗で全日程を終えた慶大のみとなった。今季は特別規則で上位2校の勝…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

あわせて読みたい

注目の特集