特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

「甲子園は日本で一番野球を楽しめる」 健大高崎主将、大舞台に感謝 交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【帯広農-健大高崎】二回裏健大高崎2死二塁、戸丸が左越え適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月16日、平川義之撮影 拡大
【帯広農-健大高崎】二回裏健大高崎2死二塁、戸丸が左越え適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月16日、平川義之撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第5日の16日は3試合。第2試合は、健大高崎(群馬)が1-4で帯広農(北海道)に敗れた。健大高崎の戸丸秦吾主将は「甲子園は日本で一番野球を楽しめる舞台。こういう舞台が日本にあり、このようなところで野球ができて感謝したい」と試合を振り返った。戸丸主将の談話は以下の通り。

帯広農に対して「先入観が甘く」

 (4回を投げて3失点の先発下慎之介投手について)まだまだ力がないことを自覚してほしい。コンディショニングの整え方が甘い。低めにどれだけ投げられるか2人で話したが、全体的に抜けた球が多かった。

 本当は真っすぐで三振を取りたかったが、状態が良くなかったので変化球を中心にゴロアウトを取ろうとした。(下投手の良かった点は)ないです。あまり甘やかすつもりはない。投球技術や理想は高いのでどんどん注文をしていきたい。

 (帯広農は)甘い球を見逃さず、守備でも捕球を確実にするいいチーム。自分たちに先入観があり甘かった。甲子園は日本で一番野球を楽しめる舞台と納得した。こういう舞台が日本にあり、このようなところで野球ができて感謝したい。

最終日もライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

次に読みたい

あわせて読みたい