特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

左投手が打てない課題克服 初勝利に帯広農・井村主将が感慨 交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【帯広農-健大高崎】帯広農の先発・井村=阪神甲子園球場で2020年8月16日、猪飼健史撮影 拡大
【帯広農-健大高崎】帯広農の先発・井村=阪神甲子園球場で2020年8月16日、猪飼健史撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第5日の16日は3試合。第2試合は、帯広農(北海道)が4-1で健大高崎(群馬)を降し、甲子園初勝利を果たした。帯広農の井村塁主将は「左投手が打てないのが課題だった。練習を積んできた成果が発揮された」と試合を振り返った。井村主将の談話は以下の通り。

自分たちのプレー実現できた

 全員野球をして最後に1勝できたことがうれしい。学校としても、先輩たちからの伝統を引き継いで甲子園での初白星を飾ることができた。投手としても先発でき、低めの制球を意識して投げられた。野手陣も強い打球を抑えてくれるなど、気持ちの面でも支えてくれた。

 北大会で負けて以降左投手が打てないというのが課題だった。高低の見極めをテーマに練習を積んできた成果が発揮されたのだと思う。

 (二回に1点返された後、三回に)3点目を追加した瞬間は、良かったなと思った。相手は昨秋の神宮大会での準優勝校。チャレンジャー精神と走塁や犠打などを細かく積み上げる自分たちのプレーをしようと思い、それが実現できたと思う。

最終日もライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

次に読みたい

あわせて読みたい