メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

休養十分、エンジン全開 タカ石川オリ打線ねじ伏せる「投げ続け勝利重ねていく」

福岡ソフトバンクホークスのロゴ

 ソフトバンクが先発・石川の好投でオリックスに勝利した。

 過去に痛めた右肘の状態などを考慮し、石川は中14日と休養十分でマウンドに臨んだ。ため込んだ力を注ぎ込むように一回からエンジン全開。2死一、三塁のピンチでオリックス・T―岡田から151キロの速球で空振り三振を奪って切り抜けると、二回以降も球威十分の直球、スライダーを軸にオリックス打線を封じた。

 7四死球と制球が不安定で六回2死満塁でマウンドを譲ったのは反省点。「6、7回を投げきりたかった」と悔しがったが、工藤監督は「しっかりと抑えてくれた」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです