特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

鶴岡東主将「威容に満ちていた」 仲間とたどり着いた夢の甲子園 交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鶴岡東の鈴木喬主将=藤井達也撮影 拡大
鶴岡東の鈴木喬主将=藤井達也撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第5日の16日は3試合。第3試合は、鶴岡東(山形)が5-3で日本航空石川(石川)を降した。鶴岡東の鈴木喬主将は「笑顔で高校野球を終えることができるのは特別なことだと思う」と語った。鈴木主将の談話は以下の通り。

打席からみたグラウンド、想像より大きく

 夢見ていた甲子園は、打席からみたグラウンドが想像より大きくて威容に満ちていた。選手として入場したときは今までにない高揚感があった。

 勝敗を決めたのは二回裏だと思う。阿部駿介投手がピンチを切り抜けてくれて逆転の機運が高まった。九回裏には満塁で逆転されかけたが目先の勝利ではなく一球一球に集中するように意識して勝利を得た。

 このチームは他県からの選手も多く、当初は一体感に欠けていた。一緒に練習をしていくなかで「団結力」を武器に成長できたと思う。コロナ禍では大会がなくなるなどショックも大きかったが乗り越えることができた。笑顔で高校野球を終えることができるのは特別なことだと思う。

最終日もライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

次に読みたい

あわせて読みたい