メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

意欲作「京大的文化事典」 他にない自治の歴史を ライター・杉本恭子さんが刊行

執筆者の杉本恭子さん=京都市左京区で

 石垣に並ぶタテカン(立て看板)、キャンパスに突如現れるやぐらやこたつ、入試シーズンに何者かが設置する「折田先生像」――。京都大(京都市左京区)の学生文化をまとめた『京大的文化事典 自由とカオスの生態系』(フィルムアート社)をライターの杉本恭子さんが刊行した。京大のいっぷう変わった風習の紹介にとどまらず、「自由の学風」と自治の歴史をたどり、大学のあり方を問う意欲作だ。

 京大は1897年に京都帝国大学として創立。伝統的に自学自習を重んじ、教職員や学生の意見を反映した大学自治が行われてきたが、近年の大学改革で、その「自由の学風」が失われつつあると指摘する声もある。

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです