連載

Shall・we・バレエ?

バレエを巡るあれこれをつづります。

連載一覧

Shall・we・バレエ?

「ジゼル」にみる再生=斉藤希史子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ボリショイ・バレエinシネマ「ジゼル」より ⒸNatalia Voronova
ボリショイ・バレエinシネマ「ジゼル」より ⒸNatalia Voronova

 前回に続く夏の怪談として、「ジゼル」に登場する亡霊ウィリについて考える。白煙がたゆたうような群舞は、ロマンチックバレエを象徴する名場面だ。

 初演は1841年のパリ。起案者は詩人ゴーティエで、ハイネの著書「ドイツ論」より「雪のように白いウィリが無情に踊り続ける」情景に想を得たという。ウィリとは未婚のまま死んだ娘の霊で、群れをなして若者をつかまえては死の舞踊へと誘い込む。そしてこの伝説は、東欧起源と紹介されている。

 ロシアの民間伝承ルサールカ(水辺の妖怪)とウィリの類似を指摘するのは、東京外語大の沼野恭子教授(露文学)だ。ドボルザークの同名オペラは人間に恋をした水の精の悲劇で「人魚姫」に似ているが、土着のルサールカは「森に迷い込んだ男をくすぐり殺したり、水の中に引きずり込んだりする」というからすさまじい。その正体は「恋人に裏切られて死んだ若い娘」。沼野教授によると、恋に破れて水死する女性はカラムジン作「哀れ…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文856文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集