メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

嵐、米津の快進撃 上原はロング公演=専門編集委員・川崎浩

米津玄師

 近年、「音楽は売れない」と言われ続け、関係者は陰々滅々たる気分を味わってきたが、反例のような快挙が立て続けに起きた。

 まず、今年いっぱいで活動休止を予定する嵐のアルバム「5×20 All the BEST!! 1999−2019」(J Storm)が「2019年最も売れたアルバム」として、ギネス世界記録認定され、11日発表された。同アルバムは昨年6月発売。20年にわたる活動の集大成で、64曲4枚組みボックスセット。国際レコード産業連盟が集計・発表した「売り上げ330万枚」を受けたものだが、テイラー・スウィフト(320万枚)やBTS(250万枚)を抑えての快挙。年末までテレビを中心に“嵐のあらし”を巻き起こすのは必至である。

 今や、若者の“神”的存在となった米津玄師(けんし)は、5日発売のアルバム「STRAY SHEEP」(ソニー)のCD・デジタル合算の初週売り上げが、101・5万枚を超えた(17日付オリコン週間合算アルバムランキング)。合算調査になって初週ミリオンは、嵐の「5×20」の約130万枚に続き史上2作目。CDだけでも約88万枚で、メガヒット時代を思い出すインパクトである。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです