メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

時代が求める想像力=高尾具成

 将棋の藤井聡太棋聖が対局中、脇息(きょうそく)(ひじ掛け)にもたれ、顔を伏せるような仕草をしていた。相手側から見た盤面をイメージしているそうだ。局面を打開するためなのだろうが自分がいっぱいいっぱいな時、相手の立場からモノを考えるというのは相当に難しい。

 人種差別や外交問題、宗教対立や紛争、そして家庭のいさかいなども他者への想像力があれば、あつれきは減るばかりか、課題解決にもつながる――はずなのに容易ではない。「疫」の時代に入っても人間は「益」を求め、自国や自己を中心に物事を見たり、行動したりしてしまうことに陥りがちだ。

 先日、大阪であった子どもたちの未来に向けたインクルーシブ教育を考えるシンポジウムで、久しぶりにパネリストから示された環日本海諸国図(通称・逆さ地図)を見た。日本海を中心に、富山県が交流を続ける極東ロシアや韓国、中国を含めた北東アジアを大陸側から見たもので、従来の南北を逆転させている。日本列島が普段と違って見えるから不思議だ。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです