安倍首相が慶応大病院に入る 「日帰り検診」と首相周辺

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
慶応大病院=東京都新宿区で2019年2月27日、曽根田和久撮影
慶応大病院=東京都新宿区で2019年2月27日、曽根田和久撮影

 安倍晋三首相は17日午前、東京・信濃町の慶応大病院に入った。首相周辺は「夏季休暇を利用した日帰り検診を受けている」と説明した。首相は最近、新型コロナウイルス対策などで疲労が蓄積しているとの指摘が政府・与党内で相次ぎ、体調を心配する声が上がっている。

 首相は半年に1回程度、人間ドックのために慶応大病院を訪れている。最近では約2カ月前の6月13日に受けたばかりだった。病院関係者は記者団に「6月の追加検査だ」と説明した。首相周辺は「休み明けの体調管理に万全を期すためだ」と語った…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集