メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多扉車ラストラン コロナも影響、変わる通勤

京阪電鉄の5扉車=大阪府寝屋川市で2020年7月7日、菱田諭士撮影

 国内で唯一、京阪電鉄に残っていた「多扉車(たとびらしゃ)」が早ければ2021年3月末までに引退する。多扉車は乗降時間を早めるため1車両に5、6カ所のドアを持ち、1970年代以降の通勤ラッシュに対応してきた。だが、少子高齢化による乗客減で必要性は下がり、「通勤地獄」と皮肉られた時代の象徴は姿を消すことになった。新型コロナウイルスの影響で鉄道業界はさらなる需要後退に直面している。働き方の見直しも進む中、鉄道通勤はどう変わっていくのか。

 「メンテナンスに手間と時間はかかったが、京阪らしい名車」。大阪府寝屋川市の京阪寝屋川車庫で、屋敷圭三技術課長(55)が穏やかに笑った。1車両に5カ所のドアを持つ「5000系」(7両編成)。国内初の多扉車として70年にデビューしたのも誇りだ。ラッシュ時、扉の内側にある座席は天井に収納される。

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです