メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食の風景

神奈川・大和 ペルー出身女性に栄養指導 価値観尊重、改善探る 具体的に提案、息子の成長励みに

 グテリウス・マリソル(53)は目を閉じ、家族がそろって料理を楽しんだ幼いころの日々を思い出していた。

 ペルー中央の高地にある故郷フニンで祖父母、両親、きょうだいでパチャマンカを囲む。地面を掘った穴に焼いた石を入れ、牛肉やソラマメなどの野菜を焼き蒸す。料理を差配するのは祖母、火の管理は祖父の役目だ。ハーブが香るボリュームたっぷりの大好物。おなかも心も満たされた。家族だけでは食べきれず、近所にお裾分けした。

この記事は有料記事です。

残り1902文字(全文2106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです