メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡感じる、優雅な午後 県産食材使用のアフタヌーンティー 「日本ロス」の香港市民に好評

「福岡アフタヌーンティー」セットを準備する考案者のシェフ、鍾錫文さん=香港・セントラルで、福岡静哉撮影

 香港中心部にあるフランス発祥の老舗洋菓子店「ダロワイヨ」で、福岡県産の農産物を使ったメニューが香港市民に大人気となっている。新型コロナウイルスの影響で日本に旅行したくてもできず、「日本ロス」に嘆く市民にアピールする狙いが的中した形だ。福岡県香港事務所は「コロナが終息した後、大勢の香港市民が福岡を訪ねるきっかけになれば」と話している。

 ダロワイヨは、17世紀に仏王室の料理を担当した一族の名に由来し、本店はパリにある。東京などに店舗はあるが九州にはない。1997年まで英国の植民地だった香港では、午後に紅茶を飲みながら菓子や軽食を取る「アフタヌーンティー」の習慣があり、香港のダロワイヨは午後も市民でにぎわう。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです