メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 猛暑の中 さぁ2学期 公立小中校始業式 夏休み全国最短9日間 /岐阜

夏休みを終え、学校長や担任教諭の話を聞く児童。約1週間ぶりの再会に笑顔も見せた=岐阜県土岐市立泉小で

 大垣や中津川、下呂市など県内多くの公立小中学校で17日、夏休み明けの始業式があった。新型コロナウイルス感染拡大で臨時休校が長引いたことから各市町村は夏休みを短縮しており、猛暑日さなかの始業式となった。

 全国の公立小中学校で最も短い8月8~16日の9日間の夏休みを終えた土岐市立泉小(後藤淳校長、656人)では、感染予防のため全校集会は行わず、後藤校長が各教室のモニターを通し…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです