神仏具工房や宮大工 職人技、世界に配信 ドイツ文化機関、左京「ヴィラ鴨川」 工程を至近距離撮影 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
動画を配信するスマートフォンに向かい「おりん」の製造過程や音について説明する南條工房の南條和哉さん(奥)=京都府宇治市の南條工房で2020年7月31日午後3時22分、福富智撮影
動画を配信するスマートフォンに向かい「おりん」の製造過程や音について説明する南條工房の南條和哉さん(奥)=京都府宇治市の南條工房で2020年7月31日午後3時22分、福富智撮影

 ドイツの公的文化機関「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」(京都市左京区)が、日本の職人の技術を紹介する動画を特設サイト「onlineKamogawa」で公開している。新型コロナウイルスの感染拡大でドイツのアーティストの招請などができなくなり、オンラインでのプロジェクトを企画した。動画は1カ月に1本程度更新する予定で、今後はドイツの工房なども紹介する計画という。【福富智】

 ヴィラ鴨川はレジデンス(居住空間)を備え、コロナ禍以前はドイツの複数のアーティストを毎年招き、京都に3カ月ずつ滞在して芸術活動に従事してもらう事業をしていた。今回開設したサイトには「工房」と「作品」の二つの「部屋」を用意している。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文987文字)

あわせて読みたい

注目の特集