メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トロッコ列車、風をゆく 徳島-阿波池田間 1両は窓ガラスなし 駅弁も復活、10月10日出発進行 /徳島

JR四国が徳島線に導入する「藍よしのがわトロッコ」の外観イメージ=同社提供

 JR四国は10月10日から、徳島線の徳島駅―阿波池田駅間で、新たなトロッコ列車「藍よしのがわトロッコ」を運行すると発表した。2両編成のうち1両は窓ガラスがなく、吉野川から吹き抜ける心地よい風を楽しみながら剣山系の山々など沿線の豊かな自然を満喫することができる。また、駅弁販売の無い状態が続いていた県内だが、トロッコ列車の運行開始に合わせ、「阿波尾鶏トロッコ駅弁」の販売を開始する。【松山文音】

 藍色のグラデーションが特徴の車体(定員56人)には、藍の絞り染めをモチーフとした水玉模様を描いた。阿南市在住の書家、天羽汕景(さんけい)さんが書いた「藍」の文字をヘッドマークにあしらい、車両正面には「Ai(藍)」の字体を阿波踊りの躍動感に見立ててシンボルマークとした。土讃線で運行していたトロッコ列車を活用し、外装費用は県が負担する。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです