メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トロッコ列車、風をゆく 徳島-阿波池田間 1両は窓ガラスなし 駅弁も復活、10月10日出発進行 /徳島

JR四国が徳島線に導入する「藍よしのがわトロッコ」の外観イメージ=同社提供

 JR四国は10月10日から、徳島線の徳島駅―阿波池田駅間で、新たなトロッコ列車「藍よしのがわトロッコ」を運行すると発表した。2両編成のうち1両は窓ガラスがなく、吉野川から吹き抜ける心地よい風を楽しみながら剣山系の山々など沿線の豊かな自然を満喫することができる。また、駅弁販売の無い状態が続いていた県内だが、トロッコ列車の運行開始に合わせ、「阿波尾鶏トロッコ駅弁」の販売を開始する。【松山文音】

 藍色のグラデーションが特徴の車体(定員56人)には、藍の絞り染めをモチーフとした水玉模様を描いた。阿南市在住の書家、天羽汕景(さんけい)さんが書いた「藍」の文字をヘッドマークにあしらい、車両正面には「Ai(藍)」の字体を阿波踊りの躍動感に見立ててシンボルマークとした。土讃線で運行していたトロッコ列車を活用し、外装費用は県が負担する。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです