メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 15、16日 新たに3人陽性 県「冷静な行動」啓発 /香川

「NOコロナハラスメント」キャンペーンの一環で、香川県庁の玄関前に設置された看板=高松市番町で、金志尚撮影

 県内では15、16日にかけて、新型コロナウイルスの感染者が新たに3人確認された。累計感染者数は計65人となった。

 県によると、63例目は高松市の20代会社員男性。13日に37・6度の発熱と腰痛、14日にも発熱や全身倦怠(けんたい)感が出たため、15日に医療機関を受診し、抗原検査で感染が分かった。発症前2週間以内の県外滞在歴はないが、11、12日に知人3人とキャンプや海水浴に行き、13~15日には親族宅を訪れていた。

 同居家族7人▽親族4人▽知人3人――の計14人が濃厚接触者として検査を受け、全員の陰性が確認された。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです