メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

映画のネット同時公開=映画監督・行定勲氏

 映画「劇場」==が7月から、映画館での公開と同時に米配信大手の定額サービス「アマゾン・プライム・ビデオ」で配信されている。映画館公開からネット配信まで半年程度空けるのが「慣例」となっている映画界では異例となった今回のケース。なぜこうした動きになったのか。行定勲監督に話を聞いた。【聞き手・井上知大、写真・手塚耕一郎】

――「劇場」は公開直前に延期となりましたね。

 ◆当時は、この先一体どんな上映形態になるのか、延期後の公開時期もいつになるのか分からず、路頭に迷ったような気持ちでした。この作品は当初、約280スクリーンで公開する予定でした。これは商業映画としての期待の表れだと感じ、相応の宣伝費をかけてきましたが、それがかえってあだとなりました。仮に公開を延期した後、再び同規模で公開することにしたら、改めて宣伝費が大幅にかさみますから。

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1911文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです