モーリシャスで座礁の貨物船、分裂した前の部分えい航 沖合で沈めて処分へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西インド洋のモーリシャス沖で大型貨物船「わかしお」が座礁して約1000トンの重油が流出した事故で、現地で活動している日本の国際緊急援助隊が18日、テレビ電話で記者会見した。座礁した船は波や風を受けて前後に分裂しており、モーリシャス政府は前の部分は沖合にえい航し、海底に沈めて処分する方針という。

 援助隊によると、現場では既にタグボートが前…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集