メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国で再びコロナ拡大 ソウル含む首都圏中心 「サラン第1教会」集団感染、問題に

新型コロナウイルスの感染予防策として消毒を行う当局職員ら=ソウルで2020年8月14日、聯合AP

 新型コロナウイルスの流行が小康状態だった韓国で、感染が再び拡大している。今回はソウルを含む首都圏が中心で、2月半ばから南部大邱市を中心に起きた感染爆発と同じく、教会での集団感染が引き金となった。全国規模の流行になることを警戒する政府は18日、防疫措置をさらに強化すると発表した。

 「現段階でコントロールできなければ、全国的な大流行に至るという重大な岐路に立っている」。丁世均(チョンセギュン)首相は18日の発表で、厳しい現状認識を示し、市民に感染防止対策の徹底を呼びかけた。全国で数十人規模だった1日の新規感染者数は14日発表分で100人を超えてから急増。18日午前0時現在の新規感染者数は246人となった。

 韓国政府は15日にソウルと周辺の京畿道(キョンギド)で、感染の拡大状況に応じて実施する防疫措置の第1段階から第2段階への引き上げを発表したが、18日には仁川市も対象に追加。対象地域では室内50人以上、屋外100人以上の集会や行事を原則禁止する。カラオケなど感染が拡大しやすい施設の運営も中断され、教会の活動はオンラインの礼拝しか許可されない。19日午前0時から適用される。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです