メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鞆の将軍「よしあきくん」誕生 「強くて頑固」勇ましく 地元小学生が原案 広島

児童が原案を考えたキャラクター「将軍・よしあきくん」

 広島県福山市の景勝地・鞆の浦にゆかりの室町幕府最後の十五代将軍、足利義昭(1537~97年)のキャラクター「将軍・よしあきくん」が完成した。市鞆の浦歴史民俗資料館(鞆町)が10月から開催する特別展をPRするために企画し、地元の小学生の原案をもとに作製した。【関東晋慈】

 義昭は織田信長に京都から追放され、毛利家を頼って1576(天正4)年から鞆の浦に滞在。この時期は「鞆幕府」とも呼ばれる。

 資料館は、10月8日~11月23日開催の特別展「鞆幕府将軍足利義昭~瀬戸内海・海城・水軍~」に向け、主人公となる義昭のキャラクターを作ろうと、市立の小中一貫校・鞆の浦学園にデザイン案づくりを依頼。4~6年約60人が、室町時代の生活や義昭の人物像を学んで作った23点の中から、5年の小林法弘さん(10)の作品が原案に選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 菅新政権に“本筋の改革”を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです