特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪府・市、都構想制度案を両議会に提案 9月まで論戦、いずれも可決確実か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」の設計図にあたる制度案について、大阪府と同市は18日、府市両議会にそれぞれ提案した。制度案は両議会ともに大阪維新の会と公明党の賛成多数で可決が確実な情勢で、維新は新型コロナウイルスの感染状況が深刻化しなければ、11月1日に大阪市民を対象にした2度目の住民投票を実施する方針だ。

 両議会では臨時議会がこの日開会し、松井一郎市長(維新代表)と吉村洋文知事(維新代表代行)がそれぞれ制度案を提案した。松井市長は市議会本会議で、「大阪にふさわしい新たな大都市制度として大阪都構想の実現に向け全力で取り組んできた。住民投票に向けた最後のステップとして十分な議論をお願いしたい」と提案理由を述べた。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文999文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集