メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国宝・本堂の柱2本に計8体の菩薩立像 赤外線撮影で発見 滋賀・西明寺

柱を赤外線撮影して見つかった菩薩の絵(共同)

 滋賀県甲良町にある西明寺で、国宝・本堂(鎌倉時代)にある柱2本を赤外線撮影したところ、菩薩(ぼさつ)立像4体ずつ、計8体が描かれているのを発見したと、広島大大学院の安嶋紀昭教授(美術史学)らが9日、発表した。

 柱は直径約45センチで本尊・薬師如来像の前方にあり、表面はすすで黒くなり、これまで何が描かれているかよく分かっていな…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです