メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生食文化広げた力道山の子孫も参加 福島・会津で馬肉まつり

試食の馬肉を手に取る参加者ら=福島県会津若松市で2020年8月18日午後1時8分、三浦研吾撮影

 福島県会津地方で親しまれている馬肉の魅力を発信し消費拡大につなげようと、会津若松市・芦ノ牧温泉の旅館大川荘で18日、会津馬肉まつりが初めて開かれた。会津地方で馬肉の生食文化を広めたプロレスラー・力道山(1924~63年)の子孫も参加し、会場を盛り上げた。

 国産馬肉日本一の産地を目指そうと2019年に会津地方の生産者や飲食店などで設立された「会津ブランド馬肉 さくらの会」が主催。福島県の馬肉生産量は熊本県に次いで2位となっており、会津地方は一大産地。ニンニクなどを加えたみそで食べる馬刺しが有名だ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです