メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

気力がうせている?=与良正男

被爆者代表から要望を聞く会の後に記者会見する安倍晋三首相=広島市中区で2020年8月6日(代表撮影)

 75年前、米軍が広島に原爆を投下した直後に降った「黒い雨」をめぐる訴訟で、国は原告の被害を認めた広島地裁判決を受け入れず広島県・市を説得して控訴した。

 援護区域の拡大を検討するというが本当にできるのか。残された時間が少ない被害者になぜ寄り添わないのか。疑問が募る一方だ。

 実は私は違う想定をしていた。安倍晋三首相は広島での記者会見で控訴断念を表明するのではないかと考えていたのだ。

 首相は昨年7月、元ハンセン病患者の家族に対する国の賠償を命じた熊本地裁判決に対し、控訴しないと表明した。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです