メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今日は江戸時代では旧暦の7月1日、秋の始まりの日である。しかし現代では今年も、戦争を思い起こす終戦記念日を迎え、それが過ぎた。もしオリンピックが開催されていたら、新国立競技場が建っているその場所で多くの大学生が、総長学長たちによって戦場に送り出されたことを、思い出す方々も多かったろう。私はその「学徒出陣」を毎年終戦の日や、実際に出陣した秋になると思い出す。

 私は戦後生まれなので戦争は個人の記憶にない。実際には総長になってから歴代の総長がやってきたことを振り返ることになり、自分の身に引きつけて考えたとき、社会と大学との関係について考え、がくぜんとするのだ。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです