メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

パゴダと映画監督

 北九州市にある世界平和パゴダが、国の登録有形文化財に指定されることになった。国内唯一の本格的なミャンマー式寺院の仏塔で、太平洋戦争で門司港から出征した旧ビルマ戦線の戦没者慰霊などを目的に1958年、関門海峡を見下ろす山に建立された。

 ここにかつて何度も足を運んだ著名な映画監督がいる。「砂の器」などで知られる野村芳太郎さん。最も無謀と言われ、多くの犠…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです