メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/39 カラスウリ 真夏の夜の白い花 /鳥取

白いレース状の花を咲かせるカラスウリ=桐原真希さん撮影

 8月中旬、毎年楽しみにしている花を見に行こうと、家を出ました。夜、暗くなってから花弁を広げる夏の花、カラスウリです。ツル植物で、秋にはオレンジ色の実をぶら下げます。5センチくらいの卵形で、とても目立つ液果です。

 改めて観察記録を探してみると、これまで南部町内では7カ所くらいでしか写真を撮ったデータが残っていません。自生地がもっとありそうなのに、と驚きました。

 たまたま見つけたお気に入りの場所は、いわゆる「ハデ小屋」です。稲刈り後に稲穂を干すための竹や木材が収納されている屋根付きの簡易な建造物にツルが巻きつき、たくさんのカラスウリが間近で見られます。足元の草も刈られており近づきやすく、持ち主の方にも許可をいただいて取材させてもらいました。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロンビア国防相がコロナで死去 上智大院修了、在日大使館で勤務

  2. 新型コロナ ワクチン接種、即時把握 市町村と医療機関連携 新システム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです