メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 障害者施設で相互応援 県と2団体協定 感染時に職員派遣 /香川

協定書に署名する浜田恵造知事(中央)や両障害者施設団体の会長ら=香川県庁で、金志尚撮影

 障害者の入所施設で新型コロナウイルスの感染者が発生した際、別の施設の職員が応援に行く相互応援システム「K―SOS」の運用が18日、始まった。職員らが感染しても施設運営を継続できるようにするための仕組みで、県と二つの障害者施設団体がこの日、協定を締結した。

 県と協定を結んだのは、県知的障害者福祉協会(森正行理事長)と県救護・身障施設協議会(水卜則之会長)…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです