メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/159 スペイン風邪 歴史は繰り返す /四国

 新型コロナウイルスは、若い人を中心に無症状からの感染という課題を抱えながら、有効なワクチンや治療薬がないため、不安がどんどん増幅されています。

 実は、世界規模で同様の感染拡大の歴史がありました。それは、「スペイン風邪」といわれるA型インフルエンザウイルスの流行です。第一次世界大戦中の1918年に始まった感染症は、想像を絶する被害の大きさでした。WHOの推定で、患者数は世界人口の30%程度、致死率は2・5%以上、5000万人であったといわれ、一説には1億人という説もあります。日本でも、約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されていますが、正確な数は分かっていません。こうした情報は、国立感染症研究所感染症情報センターや東京都健康安全研究センターのウェブ…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです