メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

熱を帯びる訴え アジア総局・高木香奈

タイの反政府集会で、登壇した学生の訴えを聞く人々=バンコクのシーナカリンウィロート大学で2020年8月13日、高木香奈撮影

 「政府は正しいことをしてほしい」。タイの首都バンコクの大学で13日に開かれた反政府集会を訪れると、心理学専攻という男子学生(20)がそう話した。集会参加は2回目。最近、学生寮の周辺で警察官の数が増えたことが気になっているという。

 タイの捜査当局は7月下旬、栄養ドリンク大手の創業者の孫(38)が2012年に警察官をひき逃げして死亡させた事件で、この孫を訴追しないと発表した。国際手配された孫は自家用ジェットで世界中を逃亡。8月に入り最高検察庁が警察に再…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 取り込み詐欺、6億円被害か 5容疑者逮捕 エアコンなど260台 /東京

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです