メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーウェイ制裁強化 米禁輸措置 38関連会社追加

 米商務省は17日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置をさらに拡大すると発表した。メキシコやフランスなど21カ国にある38のファーウェイ関連会社を新たに対象に加え、制裁を強化。機器利用を通じた情報流出を警戒し、中国の影響力を排除する姿勢を一段と鮮明にした。

 禁輸対象の拡大で、基幹部品の供給を遮断する狙いがあるとみられる。外国で製造した半導体など部品の輸出許可基準も一層厳格化する。中国メディアによると、ファーウェイの幹部は…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. 「海外旅行に行けないけれど食べたい」 機内食販売が人気 ANA、JAL

  5. 新型コロナ 東京都内で新たに1274人の感染確認 重症者は最多を更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです