同性カップル「他の親族」 国勢調査、事実上「除外」 識者「実態把握できない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前回(2015年実施)の国勢調査で使われた調査票のサンプル。世帯員それぞれについて、「世帯主との続き柄」を回答することになっている=総務省のホームページより
前回(2015年実施)の国勢調査で使われた調査票のサンプル。世帯員それぞれについて、「世帯主との続き柄」を回答することになっている=総務省のホームページより

 今秋、5年に1度の国勢調査が実施される。国内の全世帯に関する情報を収集し、今後の政策立案につなげることが主な目的だが、同性同士のカップルは事実上「除外」扱いで、カウントされない。国勢調査の記入用紙で「世帯主との続き柄」を選択する際、異性同士のカップルなら「配偶者」と記入すればそのまま集計されるが、同性同士のカップルではそれが認められず、「他の親族」に分類されてしまう。当事者や識者からは「実態が正確に把握されず、国勢調査の意味をなさない」と批判の声が上がる。

 国勢調査は日本に住むすべての人と世帯を対象に実施される。世帯員の就業形態などの質問があり、国や自治体の施策に役立てることなどが目的とされる。

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1654文字)

あわせて読みたい

注目の特集